外壁塗装のお役立ち情報

外壁に起こるひび割れの種類と補修の必要性・費用

2018/11/10

※掲載中の画像はイメージです。

経年により、外壁にひび割れ(クラック)が発生するのはどの建物においても避けられません。しかし、そのまま放置を続けると雨漏りや建物内部の劣化につながる危険性もあるため、おおよそ1mm以上のひび割れがある場合は、早めの外壁塗装工事が求められます。今回はそんなひび割れに関する基礎知識をご紹介します。

外壁に起こるひび割れの種類と補修の必要性・費用

外壁にひび割れが起こる原因と種類

そもそも、なぜ外壁にひび割れが起こるのでしょうか? 主な理由とひび割れの種類についてご紹介します。

塗膜の経年劣化〜ヘアークラック〜

髪の毛のように細く長さも短めのひび割れは、経年による塗膜劣化が主な原因です。専門用語で「ヘアークラック」と呼ばれています。チョーキング(触ると手に粉がつく現象)と同時に現れることも多く、症状に気が付いたら早めの塗り替えが求められます。なお、中塗り作業で塗料が乾く前に上塗りをしてしまったり、塗料選定でミスをしたりすると同様の症状が現れるケースもあります。

 

塗装作業の継ぎ目〜縁切れによるクラック〜

外壁塗装はさまざまな条件により、作業が複数日にまたがることも少なくありません。雨が降ってしまったり、気温が上がらなかったり、その理由はさまざまです。作業が中断されてしまうと、どうしても補修が必要になるなどして、仕上がりに差が出てしまいます。これが原因となり、ひび割れが発生してしまうのです。なお、専門用語ではこのことを「縁切れによるクラック」と呼びます。

 

建物の構造上の問題〜構造クラック〜

建物が劣化したり地盤沈下が起こったりすると、建物自体に歪みが起こります。その結果、深いひび割れが起こることがあります。なお、建物自体の構造に欠陥があり引き起こされることも。専門用語で「構造クラック」と呼ばれます。

 

水分蒸発によるヤセ〜乾燥クラック〜

外壁がモルタルなどの湿式工法でできている場合は、乾燥の工程で収縮(「ヤセ」と言います)が発生し、ひび割れが起こることがあります。なお、これが原因でできたひび割れは幅が狭くなるのが特徴。専門用語で「乾燥クラック」と呼ばれています。

 

補修すべきひび割れとは?

0.3mm以下のひび割れ

前項でもご紹介した「ヘアークラック」は、塗料の表面がひび割れを起こしているだけの状態です。防水機能としてもそこまで問題はありませんので、まだ外壁塗装の必要はありません。ただし、定期的にチェックは欠かさないようにしましょう。また、細いひび割れであっても、数本が密集している場合は注意が必要です。

 

1mm以上のひび割れ

「ヘアークラック」が拡がり、1mm以上になってしまった場合には、塗料だけでなく外壁にもひび割れが発生している可能性があります。そのため、表面を補修するだけでなく、下地や構造部分の点検なども行うべきでしょう。

 

3mm以上のひび割れ

「縁切れによるクラック」や「構造クラック」「乾燥クラック」は、3mm以上のひび割れになる可能性があります。ここまでの幅ともなると、建物内部に水漏れが発生することも。放置すると建物の寿命を縮めることにつながるため、早めの外壁塗装が必要です。

 

補修と費用の目安

ひび割れの補修は劣化の範囲などによって異なります。具体的に、部分的な補修であれば相場は8〜30万円。全体補修となると、50〜130万円がかかると考えておきましょう。

 

ちなみに、ご自身で塗料を購入して補修を行うこともできますが、誤った方法を採るとさらに外壁のひび割れが拡がる可能性もありえます。専門家による確かな調査を受け、そのうえで適切な補修をしてもらうことが長期的なメリットにもつながるでしょう。

■ この記事を読まれている方はこんな記事も読まれています

  • 外壁塗装の色選び!失敗しない選び方外壁塗装の色選び!失敗しない選び方 外壁の色選びにおける一般的な知識と注意点1、白と黒は汚れが目立つ!白や黒は、汚れが目立ちやすい色になります。一般住宅の外壁は、白はクリーム色のような少し色味がある白なら別ですが、経年劣化とともに確実に汚れが付着するため、汚れとの色の差ができやすい白や黒はあまりオススメできる色ではありません。それでも白や黒が良いという場合は、同じ白黒の中でも、色の濃さや微妙な明るさの調整をした […]
  • 外壁塗装の比較サイトは使うべき?メリット・デメリットを解説外壁塗装の比較サイトは使うべき?メリット・デメリットを解説 外壁塗装の比較サイトとは一口に外壁塗装業者と言っても、実績や技術力、対応する工事内容はさまざま。しかし、その中身を知るためには、一社一社に対して相談をしてみなければなりません。そうすると、業者数が増えれば増えるほどに手間は多くなります。また、「本当はもっと他にいい会社があるのでは?」という気持ちになることもあるでしょう。 こうしたお悩みを解決してくれるのが外壁塗装の […]
  • コケで屋根が劣化する?!対処法は?コケで屋根が劣化する?!対処法は? コケが生える原因と対処法コケは日の当たりにくく水切れの悪い部分に生えやすく、胞子を飛ばすことで生息する範囲を広げていきます。また屋根の上に枯葉がよく落ちるような環境では、その葉が土にかえり水分を含むことでコケが生えやすい状態となります。 まずは屋根の北側を!屋根にコケが生えているかを調べるには、屋根の北側を確認してみてください。日光が最も当たりにくい、屋根北側にコケ […]

一覧に戻る