外壁塗装のお役立ち情報

どう過ごせばいい?外壁塗装工事中の過ごし方について

2018/10/09

※掲載中の画像はイメージです。

外壁塗装工事は室内のリフォーム・リノベーションと異なり、すべて建物の外部で行われます。そのため、わざわざ仮住まいに引っ越す必要もありませんし、立ち会いなどが必要になる場面もほとんどありません。

 

しかし、生活のすべてが自由かというといくつかの制限は加わります。そこでこちらでは、外壁塗装工事中はどのような生活を送ることになるのか? 注意しなくてはならないポイントは? など。今回は特に外壁塗装工事をまだ経験されたことのない方にむけて解説いたします。

どう過ごせばいい?外壁塗装工事中の過ごし方について

外壁塗装工事中に留守にしてもOK

塗装工事を行っているからといって、家に一日中いなくてはならないというのは不自由です。お仕事や買い物など、どうしても外出しなくてはならない用事はあって当然。そのため、外壁塗装業者のほとんどは、工事中の外出を承知してくれます。

 

塗装工事をしていない日はもちろん、工事真っ最中のタイミングでもOK。基本的には、普段と同じスケジュールで自由に行動して構いません。実際に、多くの外壁塗装工事は家主不在の住宅で行われています。ただし、防犯の意味も込めて出かける場合には職人さんにひと声かけるのは忘れないようにしましょう。

 

塗料のニオイや雰囲気が苦手なら積極的に外出するのもあり

水性塗料には独特のニオイがあるため、それに囲まれているのを不快に感じる方もいらっしゃるでしょう。また、工事の騒がしさなどで落ち着かないという方も少なくありません。こうした場合は、あえて外出の予定を立てておくというのもひとつの手です。

 

多くの場合、外壁塗装工事は9〜16時で行われます。あらかじめ立ち会いが求められるタイミングを業者に確認し、それ以外は外へ羽を伸ばしにいくようにしてみましょう。

 

注意!塗装工事中の戸締まりはしっかりと

塗装工事中に外出する場合は、いつもよりも戸締まりに注意するようにしましょう。「ちょっとそこまで」といったシーンであっても、扉や窓など、カギがかかっているか確認してください。

 

塗装工事中の建物は足場やカバーなどがあり、死角ができやすい状況にあります。空き巣からすると、非常に狙いやすい環境となってしまうのです。塗装工事が行われている最中であれば職人さんがいるので多少は安心ですが、お休みの日は特に注意してください。

 

 

外壁塗装工事中の換気とエアコン使用

外壁塗装業者の多くは、工事中であっても依頼者とそのご家族が快適に過ごせるよう配慮してくれます。しかし、塗装工事である以上避けられないこともあります。そのひとつが換気の問題です。

 

外壁塗装中はどうしても建物の周りを足場で囲わなくてはなりません。また、養生シートも使うので、夏などは室内に熱や湿気がたまりがちとなります。これを解消するには窓を開けて空気を入れ替えるのが1番ですが、ニオイや工事に関わるゴミ、チリ、ホコリといった問題から、日中は難しいと言えるでしょう。

 

ちなみに、エアコンの使用自体は制限されることはほとんどありません。光熱費はかかってしまいますが、室内を快適に保つためにはエアコンの利用がおすすめです。

 

 

外壁塗装工事中の洗濯

最後に工事中のお洗濯について。基本的に、ベランダなどに洗濯物を干すのはおすすめできません。と言うのも、洗濯物に飛散した塗料が付いてしまう可能性もありますし、何よりニオイが付く可能性があるからです。

 

ただし、塗装工事をしていないタイミングであれば洗濯物を干すことは可能です。具体的な日程や時間帯については外壁塗装業者が教えてくれますので、必ずその指示に従うようにしましょう。また、くれぐれも干したまま忘れてしまうことなどないよう注意してください。

 

工事中は業者も可能な限りご家族がいつもどおり生活できるように配慮しますが、工事の性質上難しい部分もあります。あらかじめポイントを知っておくことで、ご自身でできる対策のヒントになればと思います。

■ この記事を読まれている方はこんな記事も読まれています

  • コケで屋根が劣化する?!対処法は?コケで屋根が劣化する?!対処法は? コケが生える原因と対処法コケは日の当たりにくく水切れの悪い部分に生えやすく、胞子を飛ばすことで生息する範囲を広げていきます。また屋根の上に枯葉がよく落ちるような環境では、その葉が土にかえり水分を含むことでコケが生えやすい状態となります。 まずは屋根の北側を!屋根にコケが生えているかを調べるには、屋根の北側を確認してみてください。日光が最も当たりにくい、屋根北側にコケ […]
  • 日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁 漆喰の歴史・種類漆喰の歴史について漆喰の歴史はとても古く、約12000年前に存在したとされるメソポタミア文明の遺跡からも、漆喰が発掘されています。日本では、お城やお寺などでよく見かけますが、石灰が使用された原始的な漆喰ですと、約4000年前(縄文時代後期)の遺跡から発見されたものが国内最古といわれています。 漆喰の種類について漆喰は、主に、消石灰と呼ばれる水酸化カル […]
  • レンガ造りの家の魅力レンガ造りの家の魅力 レンガの歴史レンガは土をこねて型枠に入れて形成し、天日で干した日干して作られます。その歴史は古く、紀元前4000年頃から建築の歴史に現れます。その後、焼く工程の入った焼成レンガが、紀元前3000年頃に現れます。日本にレンガが伝わってきたのは、幕末から明治の文明開化にかけて。1870年頃に日本で初のレンガ工場ができたとされています。ちなみにレンガは「煉瓦」と書きます。レンガ造り […]

一覧に戻る