外壁塗装のお役立ち情報

いつ?いくら?大規模なマンションにおける外壁塗装

2018/8/29

※掲載中の画像はイメージです。

マンションオーナーにとって、収益物件であるマンションの寿命を長くし、入居者に長く住んでもらうことは経営上重要なことです。そこでポイントになるのが大規模補修工事における外壁塗装。そこで今回は、マンションにおける外壁塗装のタイミングやその効果、費用についてご紹介します。

いつ?いくら?大規模なマンションにおける外壁塗装

マンションの定期的な補修とタイミング

国土交通省発行の「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル」では、12年に1度の大規模補修をマンションオーナーさまに推奨されています。また、同省が発表した平成25年の総合調査結果によると、大規模補修時に外壁塗装を行ったマンションは90.3%にものぼりました。こうした結果を踏まえると、マンションにおける外壁塗装のサイクルは同省が示すとおり12年が一般的であると考えられます。

 

マンションの空き家対策になる外壁塗装

建物の寿命を延ばし、入居者の安全を守る外壁塗装。その効果はこれだけにとどまりません。マンションオーナーさまにとって悩みの種になりがちな空き家対策としても効果が期待できます。

 

入居希望者は部屋を探す際、築年数などを参考にする傾向にあります。誰であっても、きれいで新しい家に住みたいと思うのは当然でしょう。そんなとき、築年数が浅いにもかかわらず、外壁がボロボロだとどうでしょうか? 当然、印象はよくありません。一方、築年数は古いものの、外壁が美しいマンションは入居希望者に好印象を与えます。ギャップがある分、より魅力的な物件に見えるのではないでしょうか。

 

新築からある程度の年数がたったマンションであっても、外壁塗装によって人気が回復することがあります。入居者にとっても、しっかりとメンテナンスがされていれば満足感を得るはずです。空き家でお困りのオーナーさまにとって、非常に効果的な方法と言えるでしょう。

こんな場合はすぐに対策を

冒頭でお伝えしたとおり、マンションの大規模補修は12年に1度が目安です。しかし、以下のような症状が出ているのであれば、そのタイミングを待たずに補修工事が必要になります。

 

・雨漏りの発生

・鉄筋コンクリートの剥離

・チョーキングの発生

・塗膜のはがれ

・カギやコケ、藻の発生

・幅0.3mm以上のクラックの発生

・外壁の色あせ

・シーリング(コーキング)の割れ

 

外壁補修は建物の保護を目的とした工事です。この状態を放置すると、大規模補修を待たずして大きな問題が発生しかねません。その場合、入居者離れや空室問題が深刻となり、マンション経営を続けられなくなる可能性も十分に考えられます。また、事前に立てた補修計画以上の費用が追加されることもあるでしょう。異変を見つけたら、早めの対処が大切です。

 

 

マンションの外壁塗装の相場と期間

次に、マンションの外壁塗装における相場や期間についてご紹介します。

 

価格相場

マンションの外壁塗装では、1平方メートルあたりの施工単価は2,000〜6,000円程度が相場です。幅が広いのは、補修前の素材によって単価が変わるからです。

 

・塗装→塗装:2,080〜3,450円

・リシン吹き付け→塗装:3,360〜6,330円

・タイル→タイル:2,330〜5,090円

 

また、使用する塗料によっても価格は大きく変わります。以下で、3階建て〜7階建ての費用相場をご紹介します。なお、こちらでは足場代や工賃を含んだ総額例をご紹介します。

 

・3階建て(800m2)

ウレタン:¥2,720,000

シリコン:¥3,280,000

フッ素塗料:¥4,080,000

 

・4階建て(1050m2)

ウレタン:¥3,570,000

シリコン:¥4,305,000

フッ素塗料:¥5,355,000

 

・5階建て(1300m2)

ウレタン:¥4,420,000

シリコン:¥5,330,000

フッ素塗料:¥6,630,000

 

・6階建て(1600m2)

ウレタン:¥5,440,000

シリコン:¥6,560,000

フッ素塗料:¥8,160,000

 

・7階建て(2000m2)

ウレタン:¥6,290,000

シリコン:¥7,585,000

フッ素塗料:¥9,435,000

 

 

このように、塗料のグレードや建物環境ごとに金額は上下します。できる限り相見積もりを取り、適正な価格で施工を行う業者を選ぶようにしましょう。

 

施工期間

工事期間中には入居者への説明・周知も必要です。そのため、施工期間についても検討材料のひとつと考えましょう。以下は、マンションの外壁塗装における施工期間の目安です。

 

・50戸未満:2〜3カ月

・50戸以上:3カ月〜

 

具体的な期間は工事の条件や実施会社によって異なります。見積もりを取り、長すぎず短すぎず、適正な期間で工事を完了してもらえる業者を探しましょう。

 

マンションのメンテナンスは、国から推奨されているからだけではなく、入居中の方の満足感や入居を検討される方へのアピールにもなる大切な要素です。大規模な補修になるため費用や施工期間の負担は大きくなりがちですが、定期的に実施してマンションの寿命をより長くしましょう。

■ この記事を読まれている方はこんな記事も読まれています

  • コケで屋根が劣化する?!対処法は?コケで屋根が劣化する?!対処法は? コケが生える原因と対処法コケは日の当たりにくく水切れの悪い部分に生えやすく、胞子を飛ばすことで生息する範囲を広げていきます。また屋根の上に枯葉がよく落ちるような環境では、その葉が土にかえり水分を含むことでコケが生えやすい状態となります。 まずは屋根の北側を!屋根にコケが生えているかを調べるには、屋根の北側を確認してみてください。日光が最も当たりにくい、屋根北側にコケ […]
  • 日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁 漆喰の歴史・種類漆喰の歴史について漆喰の歴史はとても古く、約12000年前に存在したとされるメソポタミア文明の遺跡からも、漆喰が発掘されています。日本では、お城やお寺などでよく見かけますが、石灰が使用された原始的な漆喰ですと、約4000年前(縄文時代後期)の遺跡から発見されたものが国内最古といわれています。 漆喰の種類について漆喰は、主に、消石灰と呼ばれる水酸化カル […]
  • レンガ造りの家の魅力レンガ造りの家の魅力 レンガの歴史レンガは土をこねて型枠に入れて形成し、天日で干した日干して作られます。その歴史は古く、紀元前4000年頃から建築の歴史に現れます。その後、焼く工程の入った焼成レンガが、紀元前3000年頃に現れます。日本にレンガが伝わってきたのは、幕末から明治の文明開化にかけて。1870年頃に日本で初のレンガ工場ができたとされています。ちなみにレンガは「煉瓦」と書きます。レンガ造り […]

一覧に戻る