外壁塗装のお役立ち情報

はじめての外壁塗装!塗り替えのための基礎知識をご紹介

2018/9/25

※掲載中の画像はイメージです。

「この家も、そろそろお手入れのタイミングかな?」そう考えたとき、真っ先に思い浮かぶのは外壁塗装ではないでしょうか? しかし、塗り替え工事が初めての場合はいったいどんなことに気を付ければいいのかなかなか分からないものです。そこで今回は、外壁塗装初心者の方のために、塗り替えの基礎知識をご紹介します。

はじめての外壁塗装!塗り替えのための基礎知識をご紹介

塗り替えるタイミングのサイン

まずはご自身のお家で塗り替えが必要かどうかについてをチェックしてみましょう。

 

一般的に、外壁塗装の塗り替え時期は新築の場合、築10年と言われています。しかし実際には、周りの環境や塗料の種類によって適切な塗り替えのタイミングは変わります。そのため、耐久年数だけでは計りきれないというのが実際のところでしょう。そこで行いたいのがご自身によるセルフチェックです。外壁に以下のような症状が起こっていないかを確認してみてください。

 

チョーキング現象

壁を手で触ってみたときに、白い粉のうようなものが付いていたら塗膜が薄くなってきたサインです。そのまま放置すると、雨水の浸入などを招き、建材の腐食が起こる可能性があります。

 

コーキングのひび割れ

壁材の間を埋めているゴム状の素材をコーキングと呼びます。ここにひび割れが発生している場合、雨水の浸入や建物内部の断熱材にカビを発生される原因になります。

 

外壁のひび割れ(クラック)

外壁に起こるひび割れのことをクラックと呼びます。幅や深さによって対応は異なりますが、特に幅が3mmを超えるようなものについては注意が必要。建物に構造的な問題が発生している可能性があります。

 

塗膜の膨れ・ハガレ

前回塗装を行った際の塗膜が剝がれてきている状態です。この状態になると、塗装の効果が弱くなっている可能性があります。

 

色あせ

外壁の色味があせている状態です。見た目が悪くなるだけでなく、塗装の効果が薄まっている可能性があります。

 

カビや藻の発生

湿度の高い環境(日陰の場所)などに多く発生する現象です。放置してもなくなることはなく、増殖をし続けるため対処が必要です。

 

DIYと業者による外壁塗装の違い

外壁に何らかの問題が起こっている場合は補修が必要です。ちなみに、これをご自身の手でしようとお考えになる方も少なくありません。確かにホームセンターなどに行けば塗料は手に入ります。しかし、トータルコストや仕上がりなどを考えると、あまりおすすめの方法とは言えないでしょう。

 

耐久性の問題

ホームセンターなどで購入できる塗料はプロの業者のそれとは異なります。そのため、耐久年数に差が出てしまいます。なお、インターネット通販でプロ用の塗料を購入することもできますが、塗りムラ・塗り残しが発生すると、期待通りの耐久年数にならないケースが多い傾向にあります。

 

作業の難易度

例えば、延べ面積30坪程度の外壁を塗り替える場合、プロの業者と同じ工程で作業をすると1カ月半近くの時間がかかってしまいます。一方、複数人の作業でかつ外壁塗装のノウハウを持つ業者であれば、洗浄・養生・下地処理なども含めた作業時間は長くとも20日程度です。

 

トータルコスト

外壁にかかるメンテナンスの費用は、塗り替えをどれくらいの期間で行うかというサイクルコストで考えます。DIYによって塗料代や作業代が安く抑えられたとしても、塗り替えサイクルが短ければ結局はお金がかかってしまうでしょう。

 

季節ごとの外壁塗装

最後に、外壁塗装と季節の関係についてもご紹介します。塗料には乾燥工程が不可欠です。そのため、湿度と気温が重要となります。それを踏まえたうえで、適した季節について探っていきましょう。

 

気温・湿度ともにちょうどよく、外壁塗装に適した季節です。ただし、突発的な天候悪化などもあるので、天気予報などのチェックが欠かせません。

 

高温多湿になりがちな夏。特に梅雨時期は雨が続くため、工事予定が立てにくくなることが多い季節です。ただし、梅雨明けは晴れ晴れとした日が続くので、このタイミングを狙うのもおすすめです。

 

春と同様、気温・湿度ともに外壁塗装に適した季節と言える秋。多少の雨もありますが、秋雨前線の流れをつかんでおけば問題ないでしょう。なお、北国の場合は低温や降雪について気を遣っておく必要もあります。

 

天候さえ落ち着いていれば、冬の空気は乾燥しているので外壁塗装にぴったりです。ただし、雪が降る地域や、気温低下による凍結・霜については十分に注意しなくてはなりません。

 

いかがでしたか?さまざまな塗り替えのサインや時期についてご紹介しました。実際には、具体的な外壁の状態やお住まいの地域性を踏まえた判断が必要ですが、外壁塗装の実施や時期の検討の目安にしてください。もちろん上記に当てはまらなくても、気になる部分があれば業者へ確認して直接見てもらうと安心です。

■ この記事を読まれている方はこんな記事も読まれています

  • コケで屋根が劣化する?!対処法は?コケで屋根が劣化する?!対処法は? コケが生える原因と対処法コケは日の当たりにくく水切れの悪い部分に生えやすく、胞子を飛ばすことで生息する範囲を広げていきます。また屋根の上に枯葉がよく落ちるような環境では、その葉が土にかえり水分を含むことでコケが生えやすい状態となります。 まずは屋根の北側を!屋根にコケが生えているかを調べるには、屋根の北側を確認してみてください。日光が最も当たりにくい、屋根北側にコケ […]
  • 日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁日本でも古くから利用されていた漆喰(しっくい)の外壁 漆喰の歴史・種類漆喰の歴史について漆喰の歴史はとても古く、約12000年前に存在したとされるメソポタミア文明の遺跡からも、漆喰が発掘されています。日本では、お城やお寺などでよく見かけますが、石灰が使用された原始的な漆喰ですと、約4000年前(縄文時代後期)の遺跡から発見されたものが国内最古といわれています。 漆喰の種類について漆喰は、主に、消石灰と呼ばれる水酸化カル […]
  • レンガ造りの家の魅力レンガ造りの家の魅力 レンガの歴史レンガは土をこねて型枠に入れて形成し、天日で干した日干して作られます。その歴史は古く、紀元前4000年頃から建築の歴史に現れます。その後、焼く工程の入った焼成レンガが、紀元前3000年頃に現れます。日本にレンガが伝わってきたのは、幕末から明治の文明開化にかけて。1870年頃に日本で初のレンガ工場ができたとされています。ちなみにレンガは「煉瓦」と書きます。レンガ造り […]

一覧に戻る